自宅カフェ

自宅カフェの営業許可はキッチンでも大丈夫?

管理栄養士のmafiです。
DIYをしながら自分で部屋を少しずつ改装して、自分の家でカフェを開くことって、憧れますよね。

  • コーヒーが好きだから
  • 友人を楽しませたい
  • 第二の人生として、カフェを経営してみたい
  • 自宅でカフェをしたい

そんな方々の参考になればと思います。

お金を取るなら、営業許可が必要

「自分の楽しみのために、お金を取らずにカフェをしたい」
という場合には営業許可は必要ありませんが、100円でもお金を取ってカフェを経営したいのであれば、営業許可が必要です。

カフェの開業に向けて必要な営業許可は、飲食店営業許可喫茶店営業許可の大きく2種類あります。

飲食店営業許可とは

飲食店営業許可は「食事」として食べ物を提供したい場合に、申請が必要です。
例えば、オムライス、スパゲティ、サンドイッチなどの食事です。

食事を作るのは、「調理行為(切る、加熱する、盛り付け)」が必要ですよね。
この調理行為が必要になると、【飲食店営業許可】になります。

しかし、普通の飲食店と同じ【飲食店営業許可】を取得するには、自宅カフェを始めようとしている人からすると、本格的な設備が必要になりますので注意してください。

▼飲食店営業許可で必要な基準についてはコチラ

喫茶店営業許可をとるために必要な厨房設備の決まりごとってあるの?管理栄養士のmafiです。 今回は、喫茶店営業許可を取得するために必要な、お店の厨房、設備について必要な【基準】について書いておきます...

喫茶店営業許可とは

喫茶店営業許可は「飲み物だけ」もしくは「飲み物とケーキ、軽食など」を提供したい場合に、申請が必要です。
軽食とは、トーストや焼き菓子が入ります。

mafi
mafi
サンドイッチは「食事」に入ると僕は思っていますが、保健所によっては「軽食」になるという市町もあるので、聞いてみてくださいね。

もし飲み物だけ提供したい、軽食やケーキくらいで十分であれば、【喫茶店営業許可】になります。
しかし提供したい食事の内容によっても、飲食店営業許可か、喫茶店営業許可か、営業許可の種類が変わるので注意してくださいね。

▼飲食店営業許可と喫茶店営業許可の詳しい違いについてはコチラ

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いって何?申請場所と手続き方法管理栄養士のmafiです。 今回、民泊、サロン、子ども食堂などで、食品衛生に関わることをお話しする機会がありました。 食べ物...

喫茶店営業許可の基準について

ここまではまだ夢のある話でしたが、これからが現実的な話になります。

喫茶店営業許可を申請するために必要な基準は、詳しくはコチラの記事にまとめていますが、

喫茶店営業許可をとるために必要な厨房設備の決まりごとってあるの?管理栄養士のmafiです。 今回は、喫茶店営業許可を取得するために必要な、お店の厨房、設備について必要な【基準】について書いておきます...

家庭で難題となるポイントを2つほど抜粋してみます。

  • 家庭用のキッチンと、カフェ用のキッチンを一緒に使うことはできない
  • 2層以上のシンク、または流しが必要

この部分が解決できれば、カフェの開業は9割可能だと思います。
では、1つずつ見て行きます。

家庭用のキッチンと、カフェ用のキッチンを一緒に使うことはできない

まず、このキッチンの件が一番大きな問題です。
一般的な家庭には、キッチンは家庭用で使うもの1つしかありませんよね。

もし、この部分を解決するのであれば、

【リフォームする】
思い切って、キッチンを2つ作ってみるのも手かもしれません。

【別宅を使う】
自宅とは別に、近所の空き家や、誰も使っていない建物を使ってカフェをするパターンが多いです。

などの方法をとることが必要になります。

2層以上のシンク、または流しが必要

キッチンの課題を解決した後には、シンクの課題があります。
シンクは2層以上を求められます。

2層式のシンクとはこれです。

普通の家庭には、2層式のシンクはありませんよね。

2層の意味は、1つは洗浄、1つは殺菌です。

もし、この部分を解決するのであれば、

【リフォームする】
シンクを2層式に変えるのが、手っ取り早いです。
もしくは、もう1つ厨房に流しを作る方法もあります。

ことが必要になります。

mafi
mafi
2つのシンクが引っ付いている必要は無いんです。

1つは洗浄、1つは殺菌と用途を分けれさえすればいいのです。

リフォーム前に、保健所に相談しよう

この課題を既にクリアできている建物ならいいのですが、これからリフォームが必要な場合は、相当なお金がかかります
リフォームに適した厨房設備の配置は建物によって違うため、建築士に相談するより先に、保健所にカフェ開業の相談に行くことをオススメします。

リフォームが終われば、食品衛生責任者を決めて、営業許可の申請書を出しましょう。

飲食店の営業許可は何日かかる?取得にかかる期間とは。管理栄養士のmafiです。 ここでは、飲食店が営業するために必要な【飲食店営業許可】の取得にかかる、期間と流れについてまとめます。 ...

約10日ほどで許可が下りるはずです。
営業許可が下りれば、営業許可事項と、食品衛生責任者の名札を見やすいところに掲示して、自宅カフェを始めることができます。

まとめ

お金を取らずにカフェを開くのであれば、営業許可は必要ありません。
しかし、お金を取ってカフェを開くのであれば、営業許可は欠かすことができないものです。

喫茶店営業許可をとるための基準はハードルが高いかもしれませんが、もしカフェが有名になってきたら必ずお客さんの目のチェックが入ってきます。
その時のためにも、是非参考にしてもらえたらなと思います。

▼自宅カフェにはこんな資格も必要です
防火管理責任者