喫茶店の営業許可

カフェ開業の営業許可はどっち?食事内容で違いが!?

管理栄養士のmafiです。
この記事では、カフェや喫茶店を開く際に必要な営業許可についてまとめてみます。

カフェの内装ばかり気にして、ついつい忘れてしまうのが、この【営業許可】

この記事は、

  • これからカフェを開こうとしている人
  • カフェを開きたいが、どの営業許可が必要か知りたい

そんな方々の参考になればと思います。

開業するカフェの内容によって営業許可の種類が変わる

保健所で取得する営業許可は、「カフェをする場合は、この許可」という決まりはありません。
カフェで提供する食事内容によって、営業許可の種類が変わります。

  1. 飲み物と食事を出す場合(スパゲティやオムライスを出す)
  2. 飲み物とケーキ、トーストなど、菓子と軽食を出す場合(スパゲティやオムライスは出さない)
  3. 飲み物のみを出す場合

今回は、この3つに分けて、見ていきます。

1.飲み物と食事を出す

まず飲み物と食事を出す場合です。
多くの喫茶店がこのタイプで、コーヒーという飲み物と一緒に、サンドイッチやスパゲティなどの食事も一緒に出しています。
この場合は、飲食店営業許可が必要になります。

別の会社で作られたレトルト商品を、温めて盛り付けて出すだけでも、「盛り付け」が「調理行為」になりますし、客席を設けて食事を出しているので、【飲食店営業許可】が必要です。

▼詳しい基準や、移動販売についてはコチラの記事がオススメ

飲食店の営業許可の種類1類、3類、5類って何?管理栄養士のmafiです。 今回は、飲食店の営業許可の種類をまとめてみます。 【飲食店営業許可】と言っても、1類、3類、5類と、類型...

2.飲み物とケーキ、トーストなど、菓子と軽食を出す場合

次に、飲み物とケーキ、トーストなどの、菓子や軽食を一緒に出す場合です。

軽食とは、「食事」にはならない食事のこと。
飲み物と菓子、軽食程度を提供するのであれば、営業許可は【喫茶店営業許可】が必要となります。

しかし「サンドイッチ」については、【飲食店営業許可】に入る基準もあるので、

飲食店の営業許可の種類1類、3類、5類って何?管理栄養士のmafiです。 今回は、飲食店の営業許可の種類をまとめてみます。 【飲食店営業許可】と言っても、1類、3類、5類と、類型...

カフェで提供したい細かいメニューが決まったら、一度保健所へ相談することをオススメします。

mafi
mafi
保健所はアイデアをもらさないので大丈夫

3.飲み物のみを出す場合

最後に、お店で出すのは飲み物だけ、の場合です。

mafi
mafi
名古屋には、食事を出さない喫茶店が多い気がするのは、僕だけ?

飲み物の種類は、コーヒーやお茶、ジュースなど種類が多いのは構いません。
しかし、食べ物は一切取り扱わないのであれば、【喫茶店営業許可】が必要になります。



まとめ

カフェを始める場合に必要な営業許可を、提供する食事内容によってまとめてみました。

一度飲食店を始めると保健所とは長い付き合いになると思うので、細かくは、管轄の保健所に相談することをオススメします。
営業許可の申請は、工事が始まる前に保健所に相談に行くことがポイントです!
ので注意してくださいね。

▼営業許可の申請方法についてはコチラの記事がオススメ

飲食店営業許可を取得するための期間とは?管理栄養士のmafiです。 ここでは、飲食店が営業するために必要な【飲食店営業許可】の取得にかかる、期間と流れについてまとめます。 ...