喫茶店の営業許可

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いって何?申請場所と手続き方法

管理栄養士のmafiです。

今回、民泊、サロン、子ども食堂などで、食品衛生に関わることをお話しする機会がありました。

食べ物を提供できる場所を始めようとしたときに、一番最初に立ちはだかるのが、『営業許可』の種類と手続きだと思います。

この記事では、

  • 自分がこれから営業を始めたい場所が、『飲食店営業許可』になるのか『喫茶店営業許可』になるのかわからない
  • 喫茶店をしたいけど、どの許可書が必要?
  • ちょっとした食事しか出さないから、許可なんていらないよね

『許可』と聞くと申請や準備が大変そうなイメージですが、実際はそこまで手間でもありません
飲食店を経営するための登竜門なので、これから申請を考えている方々の参考になればと思います。

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いとは?

まず、飲食店を開業しようと決めた場合、『営業許可』というものを取得する必要があります。

実は、日本の法律では乳製品や、魚、肉類を扱う卸のお店や、菓子やパン製造など34種類の業種について、『営業許可』の取得を決められています。

中でも、一般的な『飲食店』という、食事を調理・提供することを目的とするお店を開業する場合には、2種類の営業許可から、お店の食事提供の形態や必要性によって選ぶようになります

それが、

  1. 飲食店営業許可
  2. 喫茶店営業許可

この2つの営業許可です。
この許可名を目にすると、多くの人が、

  • 『喫茶店』だから→喫茶店営業許可?
  • 『飲食店』だから→飲食店営業許可?

という想像をされるかもしれませんが、実はそう簡単ではないのです。

違いは『食品衛生法施行令』に書かれている

日本には『食品衛生法』という食に関する法律があり、営業許可の違いについても書かれています。

『食品衛生法』の目的

・食品の安全を確保すること
・飲食が原因となる危害の防止
・国民の健康の保護

この法律の趣旨を現場に落としていく中で、『食品衛生法施行令』という、さらに細かく内容が書かれている法律があり、
ここに、『飲食店営業許可』と『喫茶店営業許可』の違いが書かれています。

その違いを簡単にまとめると

  1. 飲食店営業許可:調理できる
  2. 喫茶店営業許可:既製品を提供する(調理できない)

という2点です。

つまり、提供する食事の

  • 金額が高い
  • 食数が多い、少ない
  • メニューの手が込んでいる

などが基準ではなく、「何を提供するか」という食事を提供する中身、提供の形態によって、許可の種類が変わるので注意してください。

金額が高い、食数が多い・少ないで営業許可証の種類が変わるのではなく、『何を提供するか』という提供する食事や食品の中身で変わる

では、『飲食店営業許可』『喫茶店営業許可』の詳しい内容について、見ていきたいと思います。

『飲食店営業許可』とは?

まずは、『飲食店営業許可』についてです。

『食品衛生法施行令』第35条によると、

飲食店営業(一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、レストラン、カフエー、バー、キヤバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業)

となっています。

一般的な食事をすることができるお店は、この『飲食店営業許可』に入ります。

『飲食店営業許可』でできること

施行令を読んだだけでは、『飲食店営業許可』でどんなことができるのかピントこないと思いますが、

  • 食材を調理し、食事を提供することができる
  • 飲み物を提供できる
  • 生絞りジュースをお店で作ることができる
  • お酒を提供できる

『飲食店営業許可』では、家庭の台所でできることと同じことが、お店の厨房でもすることができるのです。

飲食店営業許可範囲のお店とは?
  • 「食事」などの献立を立て、その場で調理また提供し、食べた人からお金をもらっている全ての店
  • カフェと言う名で、メニューにスパゲティやオムライスがある店
  • 食事を提供するこども食堂
  • 食事を提供する高齢者の居場所・サロン
  • 食事を提供する認知症カフェ
  • お酒OK
  • 和食店、洋食店、ラーメン屋、居酒屋、弁当屋、ファミレス、ファーストフード店、など

様々なお店が、『飲食店営業許可』の範囲になります。

『飲食店営業許可』でできないこと

万能そうに見える『飲食店営業許可』ですが、この許可単体では、カバーしきれない分野の飲食店もあります。
それは、

  • 『製造』の行程に重きを置くこと

です。
乳製品、アイスクリーム、総菜など、製品によって営業許可を取らなければならない食品を作り提供する場合は、『飲食店営業許可』だけではなく、『製品の製造許可』も合わせて取得する必要があるのです。

mafi
mafi
つまり複数の許可が必要ということ

例えば、

  • 食事に追加して、テイクアウトの手作りのケーキを売る店(『菓子製造業』許可証が必要
  • 食事に追加して、テイクアウトのその場で調理・提供しているアイスクリーム店(『アイスクリーム類製造業』許可証が必要
  • 肉や魚の専門店で、試食がある程度の店(『食肉販売業』『魚介類販売業』などの許可証が必要
  • コロッケやつくだ煮など、総菜を作って提供する店(『そうざい製造業』の許可証が必要)など

『作る』ことに重きを置くのではなく、『食事の場を提供することが目的』のお店は『飲食店営業許可』でカバーできます。

ただ『作る』ことに重きを置きたい場合、『飲食店営業許可』に加えて、別の資格の取得も必要です。

『喫茶店営業許可』とは?

では続いて、『喫茶店営業許可』についてです。

『食品衛生法施行令』第35条によると、

喫茶店営業(喫茶店、サロン、その他の設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業)

となっています。

『喫茶店営業許可』でできること

『喫茶店営業許可』でできることは、一般的にはかなり限られてくると思います。

  • 簡単な食事を提供することができる
  • 飲み物を提供できる

一見すると普通の内容ですが、

??
??
ん?簡単?

そう、気づきましたか?

喫茶店営業許可範囲のお店とは?
  • 飲み物だけを提供する店
  • 軽食(簡単な調理。トーストは可能)を提供する店
  • 飲み物と、ケーキやお菓子(自分の所で作った)を提供する店
  • カップ式の自動販売機を設置し、コーヒーなどの飲み物を売る
  • 飲み物と簡単なお菓子程度、を提供するこども食堂
  • 飲み物と簡単なお菓子程度、を提供する高齢者の居場所・サロン
  • 飲み物と簡単なお菓子程度、を提供する認知症カフェ

『喫茶店営業許可』では、簡単な食事を提供することができるというのがポイントになります。

『喫茶店営業許可』でいう軽食、簡単な調理とは?

『喫茶店営業許可』では、基本的に調理をすることは範囲に入っていません
そのため、

軽食、簡単な調理

という言葉が使われていて、多くの保健所が『軽食、簡単な調理』について、

トーストは可能

という表現にとどめています。
つまり、『喫茶店営業許可』では調理をすることはできません。

なのでもし(調理をしないけれど)食事を提供したいのであれば、

  • 既製品を温める
  • 既製品をそのまま提供する
  • 自分で作ってもらう

などの方法をとらなければならないのです。

mafi
mafi
喫茶店営業許可=食事禁止ではないけれどほとんど調理できない資格だね。

『喫茶店営業許可』でできないこと

『喫茶店営業許可』ではできないこととしては、

  • 食事を一から調理する
  • お酒の提供

があります。
『喫茶店営業許可』がこの条件であれば、『飲食店営業許可』を取得する方が、お店でできることが増えますよね。

なので、

  • 飲み物としてお酒も含めて提供する(『飲食店営業許可』が必要)
  • カフェ、喫茶店という名前でも、オムライスやパスタなどを調理して食事を提供する(『飲食店営業許可』が必要)

このようなことができるお店を開業したいならば、『飲食店営業許可』が必要ですね。

mafi
mafi
「喫茶店」と名乗っているお店の9割が「飲食店営業許可」を取得しています

『飲食店営業許可』『喫茶店営業許可』の許可証はどこで取得できるの?

自分が取得する『営業許可』の種類を決めたら、まずは保健所に相談しましょう。

各市町の食品衛生を担当しているのは、『保健所』の公衆衛生担当課になります。
保健所は市町の人口ごとに管轄が分かれていて、

  • 店を開きたい町の人口が50万人以上→その町に保健所がある
  • 店を開きたい町の人口が50万人以下→近隣の市町に、県の保健所がある

まずは該当する保健所へ電話で相談をしてみましょう。

手続きの流れ

一般的には、

  1. 事前相談:営業を始める前に相談に行こう
  2. 営業許可申請:書類を準備し、施設検査日を決めます
  3. 施設検査:店の責任者立会いのもと、食品衛生監視員が施設基準に適合しているか確認
  4. 営業許可証の交付:施設検査後、2~3日程度で交付(市町によって違う)
  5. 営業開始:営業許可証を見える位置に掲げておく
mafi
mafi
まずは、保健所に相談ですね。

▽手続きに必要な期間についてはコチラ

飲食店営業許可の取得期間を早める方法とは?必要な日数と有効期間を知って開業に備えよう管理栄養士のmafiです。 飲食店の営業を決めたら、おちおちしてはいられません。 鉄は熱いうちに打てと言いますし、1日でも早く【...

まとめ:食事の内容によって、許可書の違いがある

『飲食店営業許可』『喫茶店営業許可』の違いを簡単に書くと、

  1. 飲食店営業許可:調理できる(食事)
  2. 喫茶店営業許可:既製品を提供する(調理できない)(飲み物のみ、もしくは飲み物+ケーキ、軽食)

になります。

  • 『喫茶店』だから→喫茶店営業許可?
  • 『飲食店』だから→飲食店営業許可?

という単純な話ではないのです。

その他▽「軽食」について詳しく気になった方はコチラの記事もオススメです。

喫茶店営業許可の【軽食】の範囲とは?食事内容によって変わるの?管理栄養士のmafiです。 今回は、喫茶店営業許可で取り扱うことができる食事の内容として、「軽食」がどこまでの範囲かをまとめてみます。...

何度も言いますが、金額が高い、食数が多い、少ないの判断ではなく、「何を提供するか」という提供する食事や食品の中身で営業許可の種類が変わるので、注意してくださいね。

▼ちなみに、福祉目的の食事の提供については、別途基準を設けている市町もあります。詳しくはコチラ。

こども食堂や認知症カフェを開くには『飲食店営業許可』が必要なの?管理栄養士のmafiです。 これらの場所は利用者から少量のお金を徴収しながら食事を提供しているにも関わ...