飲食店の営業許可

飲食店の営業許可の種類1類、3類、5類って何?『飲食店営業許可』の違いと内容について

管理栄養士のmafiです。
今回は、飲食店の営業許可の種類をまとめてみます。
【飲食店営業許可】と一言で言っても、1類3類5類と、類型で分かれていて、扱う飲食店のメニューや形態によって違うのです。

mafi
mafi
わかりにくいですよね

そこで今回は、【飲食店営業許可】の違いについてまとめてみます。

  • お店のメニューからどの類型の【飲食店営業許可】をとればいいかわからない
  • 移動販売用の【飲食店営業許可】を取得したい
  • 固定のお店もしたいし、移動販売もしたい時の許可はどれ?

そのようなことを考えている方々の参考になればと思います。

飲食店営業許可の種類と違いについて

まず、【飲食店営業許可】は、

  • 1類
  • 3類
  • 5類

3つの種類に分かれています。
これらは、お店の形態と、お店で扱う食事のメニューによって、種類が分かれています。

【飲食店営業許可】1類とは

まずは、【飲食営業一類】についてです。
1類は厨房と客席がわかれているお店と、移動販売をする車内の厨房が対象になります。
つまり、

  • 一から食材を切って、調理師、盛り付け、提供する
  • 調理を行う厨房と、お客さんが食事をする客席が分かれている→一般的な飲食店
  • 食べる場所が客席、もしくはその場(外)の可能性がある→テイクアウトや移動販売

このようなお店が1類の対象になります。

店舗を持っている一般的な飲食店は1類

店舗と言われる、動かないタイプのお店を持って、厨房で作った料理を席に運んで飲食営業をする場合
多くの飲食店が、この形態を採用していますよね。

また、そうざいなどを調理し、店頭で販売する場合や、ケータリングといって、食事を作るのは店舗の厨房で作り、食べるのは別の場所という場合も1類に入ります。

mafi
mafi
買った食べ物をその場で食べる可能性があるところ、テイクアウトの営業許可もココに入るんだね

【店舗:建物の基準】

  • 窓には網戸が必要
  • 厨房で自由に動けるスペースが1.6×従事者数㎡以上
  • 換気設備、排気設備、洗浄設備、手指消毒設備、保管設備、冷凍冷蔵設備、廃棄物処理設備などが必要

自動車を使った移動販売も1類

また、1類には自動車で食品の調理を行い、移動販売する場合も含まれます。
調理する場所は自動車の中、食べるのは自動車の外と、調理を行う場所と客席がわかれているはずです。

mafi
mafi
例え車の外に食べる場所を設けていなくても、調理(切って、加熱して、盛り付けて)をするのであれば1類に入ります。

【自動車内の基準】

  • 車内で調理時に自由に動けるスペースが1.6×従事者数㎡以上
  • 換気設備、排気設備、洗浄設備、手指消毒設備、保管設備、冷凍冷蔵設備、廃棄物処理設備などが必要
  • 冷蔵庫には温度計が必要
  • 提供できる食品は3品目
  • 市外で営業する場合は、その管轄の保健所の許可が必要

3品目と聞くと、

店長
店長
3商品までしかダメなの!?

と思われる方もいると思いますが、3商品ではなく、3品目なので注意してください。

例えば、ハンバーガーとおにぎりとパスタ、は3商品で3品目です。
全然違う3つのメニューですよね。

では、ハンバーガー、照り焼きバーガー、チーズバーガーはどうでしょう?

mafi
mafi
ハンバーガー、照り焼きハンバーガー、チーズバーガーは、みなハンバーガーなので、3商品で1品目です。

3品目までで、商品数には制限は入っていないのが1類の許可内容です。

【飲食店営業許可】3類とは

まずは、【飲食営業三類】についてです。
3類は仕出しやお弁当、サンドイッチなどの調理した食品の販売を対象とします。

ただし、

  • 厨房は食材を切って、調理し、詰め合わせ包装する場
  • その場で食べることは、基本的にない

このようなお店が3類の対象になります。

例えば、お弁当や仕出しを専門にしているお店
食べる場所を併設いているのであれば1類ですが、食べる場所が無いお弁当屋であれば3類です。
お弁当を個人の家や企業に配送している場合も、この3類です。

mafi
mafi
作ったその場で食べてませんよね、だから3類。

【店舗:建物の基準】

  • 窓には網戸が必要
  • 厨房で自由に動けるスペースが3.3+1.6×(従事者数-1)㎡以上
  • 換気設備、排気設備、洗浄設備、手指消毒設備、保管設備、冷凍冷蔵設備、廃棄物処理設備などが必要

【飲食店営業許可】5類とは

最後に、【飲食営業五類】についてです。
5類は、『移動販売の例外』バージョンになります。

  • 自動車で移動販売を行う
  • ただし、簡単な加熱しかしない→食材を切ったりはしない
  • 提供できる食品は3品まで

の場合です。
つまり、実際の細かい調理は移動販売の車の中では行わないのです。

食材を切って、調理する移動販売→1類
温める程度の調理→5類

車での移動販売に関しては、調理の程度によって『飲食店営業許可』の種類が変わってきます。

【自動車内の基準】

  • 調理をする作業台は床から70cm以上の高さに設置
  • 食品の保管は扉が付いた棚で、床から30cm以上の高さに設置
  • 冷蔵庫は、外からわかる温度計が必要
  • 提供できる食品は3品目まで
mafi
mafi
1類みたいに、調理設備の細かい決まりが緩いところが特徴です。

一般的な飲食店とお弁当の配送両方を行いたい

中には、固定した飲食店を持ちながら、自分のお店の宣伝や、お客さんからのリクエストのためにお弁当を作り、配送を行いたい場合もあると思います。

そのようなときは、飲食店営業許可の1類と3類の2つを取得することになります。

まとめ

以上、僕の理解している範囲でまとめてみました。
一般的な飲食店やテイクアウト、ケータリングなどのお店であれば、『飲食店営業許可』の1類を取得することになります。

良かったら参考にしてくださいね。
▼こんな記事もオススメです

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いって何?申請場所と手続き方法管理栄養士のmafiです。 今回、民泊、サロン、子ども食堂などで、食品衛生に関わることをお話しする機会がありました。 食べ物...