喫茶店の営業許可

喫茶店営業許可で移動販売を始めることはできるの?どの許可が必要?

管理栄養士のmafiです。
今回は、【喫茶店営業許可】と【移動販売】のことについて書いてみます。

喫茶店営業許可を持ってお店を始めてみたら、徐々に移動販売も挑戦してみたくなりますよね。
実は、喫茶店営業許可と移動販売は、全く別の営業許可が必要になります。

mafi
mafi
【喫茶店営業許可】では、移動販売ができないんだね。
  • これからカフェをしたい
  • 今は喫茶店営業許可を持っている
  • 移動販売をしたい

そんな方々の参考になればと思います。

喫茶店営業許可は飲み物だけ

これから保健所に営業許可を申請しようとしている人には、まず考えてもらいたいことがあります。
それは、喫茶店営業許可でできることは限られるので、自分の考えている献立が、本当に喫茶店営業許可でいいのかどうか、ということです。

この記事でも書いていますが、

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いって何?申請場所と手続き方法管理栄養士のmafiです。 今回、民泊、サロン、子ども食堂などで、食品衛生に関わることをお話しする機会がありました。 食べ物...

飲み物+食事:飲食店営業許可
飲み物のみ、もしくは飲み物+ケーキ、軽食:喫茶店営業許可

ですので注意してください。
【喫茶店営業許可】でも軽食は提供できますが、それはサンドイッチやホットドッグなどの調理パンは提供は難しいです→飲食店営業許可が必要。
喫茶店営業許可で提供できる食べ物は、トーストやケーキなどのお菓子などが入ります。

調理して「食事」を提供するのであれば、喫茶店営業許可ではなく【飲食店営業許可】を取得する必要があります。

しかも喫茶店営業許可では移動販売はできない

この記事にも書いていますが、移動販売は「移動販売用の許可」をとることが必要です。

飲食店の営業許可の種類1類、3類、5類って何?管理栄養士のmafiです。 今回は、飲食店の営業許可の種類をまとめてみます。 【飲食店営業許可】と言っても、1類、3類、5類と、類型...

移動販売は【飲食店営業許可】

移動販売にの営業許可についてですが、移動販売は【飲食店営業許可】に入ります。
そして【飲食店営業許可】の中でも1類と5類に分かれていて、

1類:自動車内で食品の調理、販売を行う
5類:自動車内で簡単な加熱調理を行う

となっています。
違いを具体的にいうと、
1類は設備内容、床面積に詳しい決まりがあります。
反面、5類には特にありません。

移動販売に使いたい自分の自動車の状態に合わせて、選択する飲食店営業許可の類型が変わってくるということです。

まとめ:移動販売は【飲食店営業許可】

ということで、喫茶店営業許可では、移動販売は行うことができません。

移動販売を行いたい場合、【飲食店営業許可】の1類、もしくは5類が必要になります。

参考にしてください。

セルフでコーヒーを提供するのは営業許可がいるの? 管理栄養士のmafiです。 今回はセルフでコーヒーを提供する際の、営業許可の考え方をまとめてみます。 セルフコーヒーと言っても、...