ニューヨーク

初めてのアムトラック、料金と時間と利用方法【ワシントンDC⇔ニューヨークNY往復】

初めてアムトラックに乗ったmafiです。

その時の経験について書くので、これから利用される方は参考にしてください。

アムトラックを選んだ理由

今回はワシントンDCから、ニューヨークNYまでの片道3時間半の便を、往復で利用しました。

ニューヨークNYまで行く方法は、飛行機やバスもあるにも関わらず、アムトラックを選んだ理由は、

  • ワシントンに帰ってくる必要があった
  • 日帰りしたかった
  • 料金を安く抑えたかった
  • 飛行機はこの旅で十分乗っていた
  • とりあえず、乗ってみたかった

からです。

チケットは事前に予約しよう

チケットは、日本にいた頃に事前にネットで予約しました。

 

アムトラックサイトでのネット予約は、アメリカ時間の朝8:00から夜21:00頃まで利用ができるようです。

日本時間の17時ごろ、アメリカ時間で言う早朝4時頃に利用しようとしたところ、チケット予約のシステムに進めませんでしたので、予約するときは注意してください。

検索方法

Trip:片道→One-Way、往復→Round-Trip
From:Washington, DC Union Station
To:New York, NY Penn Station
Depart:日付
Traveler:人数

Travelerをクリックすると、

成人か、高齢者か子供か、人数の詳細を問われます。

入力しブルーの「DONE」→戻って緑の「FIND TRAINS」をクリックして検索。

料金

自由席、予約席など、日本の新幹線と同じように予約する席のランクによって料金が変わります
あと時間帯によっても料金が変わり早朝や深夜など利用客が少ない時間帯は割安ですが、利用客が多い日中の時間帯に利用料金は割高になります。

僕が予約したのは、

  • 早朝7時出発の自由席、244ドル
  • 16時出発の自由席、370ドル

の席だった。

時間

アムトラックでのワシントン⇔ニューヨークの移動時間は、3時間~4時間かかります。

mafi
mafi
移動に時間を費やしたくなければ、飛行機がオススメです。

チケット

予約が完了すると、メールにPDFのチケットデータが送られてくるのでスマホに保存しよう。
実際にアムトラックに乗車時する時に、このPDFのQRコードがチケットとなる。

mafi
mafi
もちろんプリントアウトしておいてもOK!

荷物預かり所でアメリカらしい事件に遭遇

朝7時出発のアムトラックだったため、朝6:30にユニオンステーションの荷物預かり所へ

https://mafidoma.com/2018/11/01/dc_luggagestorage/

数日前に既に利用していたので、僕たちはすっかり安心しきっていました。
係員も到着しており、順調に開店の準備が進むと思いきや・・・

駅員
駅員
複写式の紙が無―い!

荷物を預ける人に発行する複写式の用紙がない、と本社に電話をし始めました。

結局6:50分になっても準備がされることがなかったため、荷物を持ってニューヨークNYに行く決意をし、アムトラックに乗車しました。

アムトラックの乗り方

駅の構内に掲示板があって、そこにアムトラックの便名ホームの番号が、出発の30分くらい前から表示されます。

ニューヨーク行きだからといって、固定のホームがあるわけではありません。

この日は『C』のホームから出発。
荷物を預けることができなかったため、掲示板を見たのは出発の10分前

すでにホームへの入口は、入場を待つ人でごった返していました。

アムトラックの中は快適

車掌さんがチケットチェックに

アムトラックが出発し、30分ほど経過すると車掌が乗客のもとへやってきてチケットチェックが始まります。
スマホ画面にQRコードを表示させ、かつ画面を明るくさせた状態で待機。

車掌が手に持つ機械でそのQRコードを読み込むと、行き先などの乗車情報が書かれた紙が出てくるので、それを座席の上の隙間に刺していきました。

他の人の乗車状況を見ていると、降りる時にその紙を抜いて出ていきます。
おそらく『この席には人が座っていますよ』という証明になるんだと思います。

スーツケースの置き場所あり

列車の後方に、スーツケースなど大きな荷物を置くことができるスペースがあります。

mafi
mafi
縦78センチのスーツケースが3つは入る大きさです。

大きな荷物を持っていても、とりあえず安心。

コンセントあり

長旅でも、コンセントが各席に1つずつあるのでスマホを充電しながら時間をつぶせますよ!

トイレあり

飛行機内のトイレよりもキレイと思われます。
流すと、驚くほどスカイブルーの水が流れます。

冷房強

夏は終わりごろの9月でしたが、アムトラック内はかなり強めの冷房が効いているため、3時間近く車内にいると寒いです。

僕たちはスーツケースごと持って乗っていたので着る物には不自由しませんでしたが、体温調節ができるよう羽織るものを持参することをオススメします。

https://mafidoma.com/2018/10/28/mammut9/

帰りのペンステーションの状況

ペンステーションには、出発の1時間前に到着しました。

ワシントンのユニオンステーションよりも2倍以上広いロビーに人がたくさん待機して、電光掲示板を見上げていました。
どうやら、僕たちが乗ろうとしていた電車の20本前くらい前から遅れが発生しているようでした。

掲示板の中央、右端の「Track」に、12E、3、10Eとホームが表示されています。
これが乗り場の表示です。

ホームは1~15、WestとEastの各2種類

電光掲示板に該当の電車のホームが表示されるたびに、大勢の人が該当するホームに殺到。

1~5のホームは、電光掲示板よりも更に奥の方に位置していました。
エレベーターがなく、大きな荷物を持っていると大変だと思います。

この日、ワシントンへ変えるアムトラックは『15E』からの出発でした。
15Eは狭い入口を抜けるとエスカレーターがあり、ホームまでは比較的楽に降りることができました。

まとめ:アムトラックのホームは突然現れる

アムトラックは、日本の新幹線のように時間に正確ではなく、度々遅れます。

そして突然ホームが現れ、突然出発。

日本の感覚で考えると時間的にはかなりルーズになってはしまいますが、でもこれが文化の違いですよね。
どうぞ、楽しんできてください。

▼ペンステーションまで荷物を持っていこうと考えている人はコチラもどうぞ。

https://mafidoma.com/2018/11/04/nyc_luggagestorage/