ワシントン

【iPhone】アメリカ旅行で使えるSIMカードおすすめ厳選!ハワイ~ワシントン~NY

今回アメリカのワシントンに行ってきたmafiです。
いつもヨーロッパへの海外旅行では、Wi-Fiをレンタルしていましたが、

▼『イモトのWi-Fi』使いやすくてオススメです!

今のiPhoneはSIMフリーなので、Amazonで「MOST SIM」というT-MobilのSIMを買ってみました。

このSIMカード、日本にいる時と同じように、常に快適にiPhoneを使うことができて、とても快適でしたので、オススメです。
もちろんワシントンだけでなく、ニューヨーク、ハワイなど、アメリカ中どこでも、同じように使うことができますよ

 

「MOST SIM」T-Mobilを選んだ理由

今回は10日間使い放題である、3,490円のSIMを購入

選んだ理由は、4つ。
01.期間中、使い放題
02.値段
03.T-Mobilの回線を使っている
04.通話ができる

です。1つずつ解説します。

01.期間中、使い放題(アメリカで使えるSIM比較)

今回は調査目的でアメリカに行っていたため、PCを連携させて無制限にネット通信ができる環境が欲しかった。

他の会社のSIMは、1日当たり、もしくは1枚のSIM当たりの利用通信量が決められています。

例えば・・・

会社名 料金 詳細
iSoon Corporation 4,770円 H2O Wireless SIM+$30データ1GBセット 30日間有効 通話かけ放題
ZIP SIM 3,080円 (通話+SMS+データ通信1GB、14日間)
MOST SIM 3,490円 7日間 高速6GB (通話+SMS+インターネット無制限使い放)

値段だけ見ると、ZIP SIMが安いですが、14日間で1GBしかないんです。

旅行先で、google mapを利用する程度であれば、1GBもあれば十分ですが、今回はスマホと併用してPCを使いたいなど、通信料を多く必要とする目的があったので、通信無制限が欲しかったです。

となると、「MOST SIM」しか無いんです!

「MOST SIM」で選べる期間

ちなみに、「MOST SIM」は自分が利用する期間を選ぶことができます。

種類は、5日間、7日間、10日間、15日間、30日間と豊富。
長期間の出張でも、気兼ねなしに最後の日までネットを使い続けることができますね。

02.値段が安い!

旅行にかかる費用はできるだけ抑えたいですよね。
だからと言って、使用量に制限のある安いSIMカードを買って、旅行途中に使い切って新しいSIMを現地で買うことになったら・・・
それは、ちょっと残念。

なので、「MOST SIM」使い放題で3,490円という料金はとても安く魅力的でした。

03.T-Mobilの回線を使っている

「T-Mobil」は、日本でいう「docomo」のようにアメリカで大手の通信会社。
今回僕たちが訪れる地域は、ワシントンの田舎町なので電波が少し不安。

そこで「MOST SIM」のホームページから通信フォロー範囲を確認したところ、僕たちが目的としていた地域は利用OKのようだった。

アメリカのほとんどをカバーしているので、とても安心。

04.通話ができる!

日本で使っている電話番号は、日本の携帯の会社で利用契約している電話番号ですよね。
海外に行った際にその番号を使って電話をしようとすると、国際電話となり膨大な通話費用がかかってしまいます。

そこで海外で通話するならば、海外用の電話番号が必要になります。
「MOST SIM」だと、現地のアメリカに着いた際にメールに「MOST SIM」専用で使える電話番号が送られてきて、その電話番号を利用することで、通話をすることができます。

実際に、現地でホテルのシャトルバスを呼ぶために電話をしてみたところ(+〇〇という入力は必要ない)、きちんと呼ぶことができました。
とても重宝しました。

利用するには、日本で済ますSIMの事前手続きが必要

「MOST SIM」を使う場合には、まず、日本で購入して、設定を行った状態で海外に持っていく必要があるので、注意してください。

1.SIMを購入しよう

まずはSIMカードを購入しよう。

購入すると、早いことに、翌日にはSIMが自宅に到着しました

2.SIMが届いたら日本で事前設定しよう

事前設定はiPhoneからもできるが、iPhoneの「設定」画面を見ながら登録手続きをするので、PCから事前設定することがオススメ。

①SIMを取り外す

「MOST SIM」はナノシムサイズまで切り出せるようになっている。
自分のスマホのSIMのサイズを確認しながら、サイズに合わせて切り取ろう。

②SIMを入れて反応を確認

PCでSIMの登録設定をし、実際にSIMカードを切り出すことができたら、使う予定のiPhoneに入れて、反応を確かめる必要があります。
iPhoneから日本で使っているSIMを取り出し、設定が終了したばかりの「MOST SIM」を入れて反応を見る。

ICCID89~を示す確認が必要です。
iPhoneだと「設定」→「一般」→「情報」→「ICCID」から確認ができる。

ICCIDが「89~」と出ているので、きちんと反応してますね。

 

③PCからアクティベート設定をしよう

Amazonの注文番号と、IMEIの番号が必要になります。

IMEIは「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」で見ることができる。

日本で行う設定はここまで完了。

④利用前日に「MOST SIM」からメールが来る

日本にいる間に、利用前日「MOST SIM」から電話番号の通知を知らせるメールが来ます。
電話番号は70から始まる、10桁の番号で、アメリカ国内のみで使える番号です。

ホテルのシャトルバスを呼ぶ時にiPhoneから直接電話することができたので、とても便利でした。

あと、この番号でSMSのメッセージ送受信ができます。
日本の電話番号と、SMS送受信することもできて、家族と連絡が取りやすかったです。

もちろん、相手には70から始まる番号からメッセージが送信されるので、事前に伝えておかないと驚かれますので注意してください。

mafi
mafi
では続いて、実際に現地で使った感想とお伝えします

気になるアメリカでの反応は?

実際にアメリカで「MOST SIM」を使った画面です。
左上のキャリアがT-Mobile LTEとなっていますよね。

SIMカードを指して、即座に反応していました。

日本のキャリアメールの送受信ができる

僕は日本ではdocomoユーザーですが、ドコモのメールアドレスでメールの送受信ができました。

もちろんgoogleやYahoo!のメールも、自由に利用することが可能でした。

アメリカの端でも使える

飛行機の乗り換えで使用した、アメリカの端のシカゴ空港からバッチリ使えました
アメリカ国内なら、安心して使えます。

デザリング(インターネット共有)可能

「MOST SIM」でPCをデザリングすると、めっちゃ遅い時と、めっちゃ早い時があります。
AM8:00、PM21:00で遅かったり、PM22:00でちょー早かったり。

我慢できない遅さではないので、気が長い人は安心して使えます。
僕はホテルのWi-Fiと半々で使いました。

T-Mobileなので、アメリカン航空内でフリーWi-Fiの利用できた!

アメリカン航空の機内Wi-Fiが無料で使えます!

▼詳しくはこちらの記事で。

アメリカのオススメSIMカード「MOST SIM」は、アメリカン航空機内Wi-Fiも無料だった。mafiです。 ワシントンへ旅行した時に、iPhoneのSIMカードを「MOST SIM」というSIMカードにして使ってみました。 ...

そんな感じですかね。
●5日間

●7日間

●10日間

アメリカに行く際には、オススメのSIMカードです。

▼空港でSIMカードを購入したい場合は、コチラの記事をどうぞ

アメリカ全域で使えるSIMカードの購入場所とは?価格比較ありこんにちは、mafiです。 海外旅行に行く際に、何よりも重要視しておきたいことは、通信方法の確保ですよね。 スマートフォンが自由に使...