海外旅行

アメリカSIMカードの購入場所がわからない!どこで買おうか悩んでいる人へ価格比較で紹介します

こんにちは、mafiです。
海外旅行に行く際に、何よりも重要視しておきたいことは、通信方法の確保ですよね。
スマートフォンが自由に使える環境であることは、知らない土地で過ごす不安を、とても和らげてくれるもの。
Wi-Fiなり、SIMカードなり、何らかの方法で、自分のスマートフォンの電波を確保しておきたいですよね。

そこで、僕がアメリカへ旅行した際の電波の確保方法を書いてみます。

  • アメリカで使えるSIMカードの購入場所は?
  • アメリカで使えるWi-Fiのレンタルの場所は?
  • SIMカードの購入と、Wi-Fiレンタルの違いは?

このようなことを気にされている方の参考になればと思います。

SIMカードとは?

スマートフォンの中には、『SIMカード』と言われる、契約会社の電波を受信するICチップが入っています。

このチップは、購入して他の会社の電波を受信するSIMカードに、簡単に入れ替えることができます。
つまり、海外の電波を受信するSIMカードを購入し自分のスマートフォンに入れ替えておけば、海外でも、日本の日常と変わらずに、スマートフォンをオンラインにすることができるのです。

SIMフリースマートフォンをゲットしよう

しかしSIMカードは、どのスマートフォンでも使えるわけではありません。
SIMフリーのスマートフォン
でないと、SIMカードを入れ替えることができません

通常、大手通信会社のドコモやau、ソフトバンクでスマートフォンを購入した人は、基本的には「SIMロック」といって、他の会社のSIMカードを入れ替えてもスマートフォンが使えないように、SIMカードにロックがかかっています

これは、元々は不正にスマートフォンを利用されないように、各会社の電波を使われないように、防犯の観点からされていたことですが、SIMカードを差し替えたい人にとっては、とても迷惑なもの。

しかしSIMロックは、簡単に解除することができます。

SIMフリースマホにする方法その1

例え、今はSIMロックがされていても、解除すれば、自由にSIMカードを入れ替えることができるのです。

SIMフリースマホにする方法その2

また、初めからSIMフリースマートフォンを買っておく方法もあります。

SIMフリースマホ購入方法
  • 初めからAppleでSIMフリーiPhoneを購入する
  • SIMフリースマホを購入しておく

などの、方法もあります。

mafi
mafi
SIMフリーiPhoneは便利なぶん、普通のiPhoneよりちょっと高額


格安SIMを使いたい場合にも、この方法でSIMロックを解除することで利用できるので参考にしてみてください。

SIMカードはどこで買えるの?

では、SIMフリーのスマートフォンが準備できたら、さっそくSIMカードを購入しましょう。
購入場所は、大きく分けて2つあります。

1.空港で買う

空港で買うには、メリットとデメリットがあります。

メリット

  • 現地の様子を見て買うことができる
  • 新しい体験ができる

普段スマホを持っているだけでは、SIMカードを購入する機会なんてないですよね。

デメリット

  • 自動販売機で購入した製品によっては、自分の個人情報が流出してしまう場合がある
  • 設定方法が英語で、苦戦する
  • 店舗でのSIMカード購入は、半日近くの時間を必要とする

自動販売機での購入は、やっぱりウイルスや個人情報の流出が怖いです。

ダラス国際空港

ダラス空港には、SIMカードを販売している電気店が5つあります。

中でも、左上の↖、

Best Buy Express (Automated Shopping)
B21, B46, C33, D12, D21, D38, E7, E14

は、SIMカードの自動販売機です。
アメリカで購入できるのSIMカードの多くは、日本人が求めている「○日5GB」「1日900円」という少量、短期間用のSIMカードはほとんどなく、多くが「月額制」です。
1か月2GBで3,000円程度が相場です。

またアメリカでは、

  • AT&T
  • T-mobile

以外のSIMカードは、購入しても設定が面倒だったり、電波が弱かったりと使い物にならない場合もしばしばあります。
有名でないメーカーのSIMカードを指して、自分の個人情報を流出させてしまった話もありますので、SIMカードの購入は慎重に行いましょう。

レーガンナショナル国際空港

レーガンナショナル空港にもSIMカードの自動販売機がありますが、多くのレーガンナショナル空港の利用者は、空港の外でSIMカードを購入するようです。

Looking for a pre-paid AT&T SIM card at Reagan National

現地を訪れた人の感想によると、

最善の策は、地下鉄で2つのペンタゴンシティ駅まで行き、駅を出て左折して、商店街のAT&Tストアに行くことです(店舗スペースに応じて “space#W04b”)。プリペイドSIMの簡単な購入は恐怖の戦争の犠牲になったので、それらを販売するほとんど唯一の場所は会社の店舗です。

自動販売機でSIMカードを購入し、自分の個人情報を流出させてしまうよりも、店舗で購入する方が安全だということです。

2.日本で購入しておく

SIMカードは、アメリカ現地でも買うことができますが、僕は、日本で事前に買っておくことをオススメします。

日本で事前に買っておくと、

  • 通信を確保した状態で、設定をすることができる
  • エラーが起きても、事前に対処できる

というメリットがあります。

▼ココから、アマゾンでSIMカードを購入することができます!

もちろんアメリカの現地でSIMカードを探し、買うこともできますが、

  • 探す時間が無駄
  • 英語の使い方説明しかない
  • 現地のフリーWi-Fiスポットを探して接続し、それから設定作業をする必要がある
  • 通信速度と利用できる日数が、割高である

など、利用に対してハードルが高くなります。

SIMカードについては、アメリカで買うよりも、日本で事前にSIMカードを準備しておく方が、通信クオリティは確実に良いです。

mafi
mafi
アメリカのSIMカードは接触不良がとても多い

日本で買うか、アメリカで買うか、迷うならば、断然日本で買う方が良いと思います。

\アマゾンのオススメSIM/

アマゾンのSIMカードを見てみる
SIMカードのメリットとは?

SIMカードを進めるには、やはりメリットがあります。

  • 日本で、スマホを日常的に使うときと同じように、スムーズに利用できる
  • デザリングすれば、PCも使うことができる
  • SIMカードを入れ替えたスマホをWi-Fiのルーター替わりにして、友人たちと、電波を共有できる
  • Wi-Fiよりも料金が安い
  • Wi-Fiのルーターを持ち歩かなくていいので、荷物が軽い

など、SIMカードを入れ替える方が、手間がかからず、旅行がスマートになると思います。

購入場所でのSIMカード料金と容量比較

では、SIMカードを購入する場所ごとで、SIMカード購入にかかる料金と、通信容量を比較しておこうと思います。

空港で購入する場合

会社名 料金 詳細
各社 3,000円から10,000円 1か月間単位2Gから5G

アメリカに長期で滞在し、またあまりネットを使わない人にオススメです。

日本で購入する場合

会社名 料金 詳細
iSoon Corporation 4,770円 H2O Wireless SIM+$30データ1GBセット 30日間有効 通話かけ放題
ZIP SIM 3,080円 (通話+SMS+データ通信1GB、14日間)
MOST SIM 3,490円 7日間 高速6GB (通話+SMS+インターネット無制限使い放)

SIMカードは短期で旅行に出かける人にオススメです。
様々なSIMカードの種類がありますが、値段だけ見ると、ZIP SIMが安いですが、14日間で1GBしかないんです。
自分のスマホの使い方によって、合うSIMカードを購入することをオススメします。

mafi
mafi
僕は、日本での生活で毎月4~5ギガ程度使っています

日本の各キャリアの料金プランで、最安~中ランクの料金設定の人は、旅行中3~4ギガは欲しいところですよね。

オススメの「MOST SIM」

中でも僕がアメリカ、ワシントン、ハワイ、ニューヨークなどで使うのにオススメしたいSIMカードがこれです。

Amazonで気軽に買うことができます。

MOST SIMの特長
  • 定額で、無制限
  • 必要な日数が選べる
  • アメリカ国内で通話ができる
  • 料金が安い
  • 日本語で設定が可能
  • T-mobile(アメリカの、日本でいうドコモ)の電波が使える
  • レンタルしないので、返却しなくていい

旅行当日に手間がかからないので、オススメです。

▼設定の方法は、コチラの記事で詳しく書いているので、良かったら参考にしてください。

【iPhone】アメリカ旅行で使えるSIMカードおすすめ厳選!ハワイ~ワシントン~NY今回アメリカのワシントンに行ってきたmafiです。 いつもヨーロッパへの海外旅行では、Wi-Fiをレンタルしていましたが、 ▼『...

ちなみに、Wi-Fiレンタルとは?

普段使っているスマートフォンは、常に契約したキャリア会社の(ドコモやauなど)電波を受信することによって、オンラインになり、インターネットや電話を使うことができます。
また、公共的な施設やコンビニなどで使うことができる、『フリーWi-Fi』に接続することによっても、無料で通信することができます。

しかし海外に行くと、この契約した会社の電波を使うことができません。

そこで、海外で使える電波を発信する、『Wi-Fi』の機械を、スマートフォンとは別にレンタルし、持ち歩く必要があるのです。

Wi-Fiレンタルのメリットとは?

Wi-Fiをレンタルすると、スマートフォンの他に、もう1台機器を持ち歩き、充電する手間が増えます。
しかしこの手間以上に、メリットもあります。

  • 1台で複数台のスマートフォン、PCをつなぐことができる
  • 複数台同時に高速通信が可能

なので、友人など2~5人などの複数人で旅行に行く際には、1台レンタルしておけば、その1台で全員分の電波を賄うことができます。

\気軽にお得にレンタル/

オススメのWi-Fiを見る
Wi-Fiのレンタル場所は?

Wi-Fiのレンタル場所としてオススメなのは、日本です。
日本にいる間にレンタル契約をしておけば、

  • 空港
  • 指定したコンビニや、場所

などで、Wi-Fiを受け取ることができます。



でも、Wi-Fiの機器をレンタルするということは、使った後は返却をしなければなりません
その手間を考えると、SIMカードを入れ替える方法を僕はオススメしたいです。

まとめ

アメリカへ旅行する際に準備したい、SIMカードの購入場所を書いてみました。
Amazonで気軽に買うことができ、設定も簡単なMOST SIM。
機械があれば使ってみてくださいね。