喫茶店の営業許可

パフェの専門店を始めたい時の営業許可とは?

管理栄養士のmafiです。

寒い冬も、暑い夏でも、一年中楽しめる、みんなが大好きなパフェ。
美味しいですよね。
1つの容器に、たくさんの美味しさの要素が入っていて、僕も大好きです。

そこで今回は、パフェの開業に必要な営業許可についてまとめてみます。

  • パフェのお店をしたい
  • カフェと一緒に併設したい

そんな方々の参考になればと思います。

パフェのお店で何を出す?

パフェのお店、と一言で言ってしまっても、実はお店それぞれで提供するものが違います。

例えば、

  1. パフェだけを提供する
  2. パフェと飲み物を提供する
  3. パフェと食事を提供する

この3つに分けて考えてみます。

1.パフェだけを提供する

まずはパフェだけを提供する場合です。
パフェは、食事(飲食店営業許可)や飲み物(喫茶店営業許可)ではなく、お菓子に入りますよね。

mafi
mafi
僕も、おやつ的に食べます

お菓子やパンは、飲食店営業許可や喫茶店営業許可とは違い【菓子製造業】の許可が必要になります。

菓子製造業許可とは

菓子類(餅菓子・饅頭等の和菓子、ケーキ等の洋菓子、チューインガム等)やパンを製造する行為

しかし、一概に【菓子製造業許可】が必要と言いきれない場合があります。
それはパフェが構成される食材の種類によって、許可が変わってくるからです。

あんこがたくさんの和パフェは?

京都や和のイメージが強い地域で多いのが、あんこをたくさん使ったパフェ。
あんこの材料は小豆ですが、

  • あんこの割合がとても高い
  • 手作りあんこが売り

の場合、【あん類製造業許可】が必要になることがあります。

アイスクリームメインのパフェは?

乳製品を作るのが盛んな地域では、現地の特産乳製品を使って、新鮮で美味しいアイスクリーム入りのパフェを考えることもありますよね。

  • アイスクリームの割合がとても高い
  • 手作りアイスクリームが売り

の場合、【アイスクリーム類製造業許可】が必要になることがあります。

mafi
mafi
他にもヨーグルト、味噌、しょうゆなど使う食材によって、許可の種類が変わることがあります。

このあたりの判断は、保健所によって幅があるので、担当の保健所に聞いてみることをオススメします。

2.パフェと飲み物を提供する

次は、パフェと飲み物を提供する場合です。
この場合は、菓子と飲み物になるので【喫茶店営業許可】に該当します。

しかし、喫茶店営業許可については、飲み物がメインで菓子は付属的な捉え方をする保健所もあり、この場合は、【飲食店営業許可】にされることもあります。

▼飲食店営業許可と喫茶店営業許可についてはコチラ

【飲食店営業許可】と【喫茶店営業許可】の違いって何?申請場所と手続き方法管理栄養士のmafiです。 今回、民泊、サロン、子ども食堂などで、食品衛生に関わることをお話しする機会がありました。 食べ物...

3.パフェと食事を提供する

最後にパフェと食事を提供する場合です。
「パフェをしたい」と思っている人には、あまり想定がないパターンかもしれません。

この場合は、提供したいものの中に食事が入っているので【飲食店営業許可】になります。

許可の申請方法は違うの?

「パフェをしたい」と言っても、食材の内容や、保健所の捉え方で許可の種類は変わってきます。
しかし許可の種類が変わっても、申請方法や、許可の申請に必要な書類、許可が下りるまでの期間などには変わりません。

ただ変わるのは、申請時に支払う申請手数料の額。
▼飲食店営業許可と喫茶店営業許可の手数料についてはコチラ

喫茶店営業許可にかかる費用ってなに?管理栄養士のmafiです。 今回は、喫茶店の営業許可を取得するためにかかる費用をまとめてみました。 喫茶店の営業許可を取得するた...

各保健所によって金額は変わりますが、金額が低い順に

喫茶店営業許可<
菓子製造業許可=あん類製造業許可=アイスクリーム類製造業許可<
飲食店営業許可

となります。

mafi
mafi
飲食店営業許可が、一番金額が高いですね。



まとめ

パフェのお店をしたい時に必要な営業許可をまとめてみました。

パフェの構想が高まったら、まずは保健所に営業許可の相談をしてみることをオススメします。