大学の教員になりたい

大学の非常勤講師はコマ数雇い?【月額雇いは少ないです】

mafiです。

大学の教員を目指している場合、まず、クリアしたいのが、

大学の非常勤講師として雇用されること

ですよね。

人に教えた経験(講師経験)のない人が、急に、正規の講師や、教授になることは、とても稀です。
余程能力がある人、と言って良いのではないでしょうか。

  • 大学の非常勤講師になりたいけれど、コマ数で雇われるの?
  • 雇用形態が不明で不安
  • 自由な時間はどれくらいあるのだろう

このような疑問を解決できる記事を用意してみました。
良かったら参考にしてくださいね。

大学の非常勤講師はコマ数で雇われることが大半

非常勤講師の雇い方は、以下です。

  • コマ数で雇う
  • 月額で雇う

それぞれ順にみていきます。

コマ数で雇う

コマ数で雇う場合、最低1コマ/年からです。

通常の授業:約1,500円~10,000円
特別講義:約5,000円~約3,000円

1コマ辺りの額は、非常勤講師の社会的な地位も関係してきます。

全くの新人であれば、最低額から。
少し知名度があるのであれば、多少額が上がります。

月額で雇う

体制が古い大学は、まだ月額雇用が主流ですね。

月額:5,000円~

そして、結構安めの印象です。
また月額の場合、コマ数が決められているので、

給料表はどこにある?

さて、非常勤講師の給料表が気になるところですが、私大の場合、多くは公表されていません。

「内部規約」として存在しているので、事務や実際に雇用された人であれば、見ることができます。

また、国公立の場合は、ネット上にも公開されていますよ。

参考:公立大学の給料表

給料表は、その人の学歴や社会経験によって、級と号が変わってきます。
この級と号が高い人ほど、給与も高くなるシステムです。

授業を休んだらどうなる?

非常勤講師も人ですので、時に体調が悪くなる日もあるはずです。

その時、授業を休みにした場合の対応です。

コマ数:授業した回数のみの給与
月額:1回程度の休みOK(補講無し)、もしくは、休んだ分の補講必須

正職員の教員の場合、1~2回程度の授業休校であれば、そのままスルーして良い大学もありますが、
大概の大学は、必要回数の「補講」をしなければなりません。

「補講」が必要になる理由

なぜなら、授業の回数が1回でも足りなければ、文科省から、単位として認めてもらえない場合があるからです。

参考:私学の補助金ー文科省からの通知

実際に、非常勤講師として仕事をする前に、自分が担当する授業の位置づけは確認しておく必要がありますね。

非常勤講師は自由です

ある程度、授業を休んでも許される大学であれば、自由時間はかなり多めです。
空いた時間には、別の仕事を入れることもできますし、別の大学の非常勤講師の仕事をしてもOKです。

非常勤講師の9割が、副業をしています。

副業で忙しくなる場合も

副業内容は、

  • 大学の正職員のアシスタント
  • 別大学の非常勤講師を掛け持ち
  • 全く別の仕事
  • 株・FXなどの投資

非常勤講師を複数の大学で掛け持ちすると、授業の準備で、かなり忙しくなります。

副業は大学から離れよう

「同じ内容の講義を、他大学ですればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、授業名が違うので、きっと同じことはできないでしょう。

例えば、

【専門:メディア】
A大:メディアと歴史
B大:メディア活用

自分で授業を選べたらいいのですが、正職員の教授たちがいる以上、非常勤講師は仕事を選ぶことはできないです。

非常勤講師は5年以上雇うと、正職員にする法律→結果、首切り期限が明確に

古株の教授、准教授が定年でいなくなるのを待っていては、いつまでも非常勤講師のままですし、金銭的な面から長期の仕事としては難しいと思います。

そこで国は5年以上雇った場合は、正職員に雇い変えする法律を作っていますが、大学側としては納得できていないところ。

雇う前に、「5年経ったら、雇用解雇です」と先に、話をつけてスタートします。

2013年4月より有期労働者に対する無期転換ルールが導入されて以来、全国各地で「無期転換逃れ」が問題視されています。こうし…

でも僕が思うに、やはり非常勤講師は、本当に正職員を目指す人達から、教員に向いている人をふるい分けする場だとも思います。

正職員を目指す人は、同じ大学に居座らず、

他県・関連の大学の公募を受けまくる

この姿勢が欠かせないです。
今の大学で未来が無いと感じているのであれば、起こるかどうかわからない奇跡を待つよりも、行動したほうがきっとあなたのためです。

僕の奥さんも大学教員ですが、「非常勤講師→正規の職員」になったことで、単身赴任していきました。
夫婦別住所状態ですが、正職員の教員は週3勤務のため、月の半数は同居ですし、お互い働いてお金もあり、楽しく過ごしているので、問題なしです。