大学の教員になりたい

客員教授と正規の教授の違いとは?なり方と給料(非常勤講師/客員准教授も)

mafiです。

今回は、『客員教授』『教授』の違いについて書いてみたいと思います。
よく肩書で目にする『客員』というキーワード。

単なる教授と『客員』の教授には違いはあるのだろうか?

そう思うこともあるはずです。

  • 『客員』准教授、教授って何?
  • 客員准教授ってどうやってなるの?
  • 給料はどれくらい?

そのような疑問を持たれている方の参考になればと思います。

『客員教授』と『教授』との違いとは?

まず、大学の教員に雇い方には、大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 大学に正規で雇われた教員=教授、准教授などと呼ばれる
  • 非常勤の教員=”客員”教授、”客員”准教授、非常勤講師と呼ばれる

会社でいう”正規”の職員として、大学に雇われた教員は、通常の『准教授』『教授』と呼ばれます。
雇われた大学での仕事を主としていて、大学の経営などにも携わります。

また、大学には非常として教員を雇う場合があります。
会社でいう、パート、非常勤、臨時職員的な立場の教員です。

勤務時間が短く、単発で仕事をする立場です。

その非常勤で雇われていて、『准教授』『教授』の役職が付いた教員のことを、呼び方として『客員准教授』『客員教授』と読んでいるのです。

『客員教授』と『教授』の役割の違い

「客員教授」と「正規で雇われた教授」には、業務内容で大きく違いがあります。

「客員教授の役割」
  • コマ数勤務
  • ゼミは持たない
  • 大学の雑務には携わらない

客員教授の場合、短時間の勤務契約になっています。
大学は、授業を『コマ』で考えるので、”コマ数勤務”になるわけです。

なので役割としては、割り当てられたコマ数分の授業を行うこと。

大学
大学
ライター基礎講座を週1で教えてください

このような大学の依頼に合わせて、内容に沿った授業を行うのです。

また正規で雇われた教員は、ゼミを持ち、総合的・応用的な学生の指導を行います。
ですが、客員教授はゼミを持たず、あくまで授業では『基礎』を教えてもらい、専門的な指導部分のみを指導依頼する場合が多いです。

mafi
mafi
大学の教員が専門的なことばかり教えていると『専門学校』と変わらないものね

あと正規の大学教員の一番の雑務が、様々な委員会の雑務。
就職支援や学生指導、入試やいじめなど、教員はそれぞれ担当の委員会に所属していて、その会議に毎月膨大な時間を割いています。

客員教授の場合は、この委員会に所属をする必要がありません。

mafi
mafi
比較的緩い立場でいることができるのが『客員教授』です

『客員教授』と『教授』の給料の違い

客員教授と、正規の教授では給料の額が大きく違います。

  • 教授:700万円~1,200万円/年収
  • 客員教授:1コマ単価1~数万円の場合や、300万円~500万円/年収

客員教授の場合、正規の教授に比べて仕事での役割が少なかったり、勤務の日数が少ないこともあり、給料の差は大きくなります。
ただし、客員教授で呼ばれてくる人の場合、大学の仕事とは別の仕事をしている場合が多いです。

mafi
mafi
会社の社長や、その道のプロなど

なので、大学からもらう給料が全てではありません。
本人たちにとっては、

ちょっと高額なバイト

と思って引き受けている人が多いと思います。

客員教授のなり方

客員教授になる方法は、ただ一つ。

その大学から、声をかけてもらうこと

です。
本人がなりたいと思っていても、公募があるわけではないので、自分からなることはできません。

また声を掛けてもらうためには方法があります。

  • その道のプロで、業績がある人
  • その道について、わかりやすく話せること
  • 大学の求めている知識を持っていること
  • 大学の先生と知り合うこと

このような人であれば、大学から声をかけられる可能性が高くなります。

『客員教授』になるためには、大学側から声をかけてもらう必要があります。そのためには、認知度が高くなければ難しいですよね

ただし、「非常勤講師」や期間限定の「客員准教授」の募集は公募あり

ただし、

  • 「非常勤講師」の募集
  • 期間が決められた「客員准教授」の募集

は大学のHPなどに掲載されます。
この場合は、採用試験を受けて合格することによって、短期間でも教員になることができるわけです。

『客員教授』『客員准教授』などを雇用するメリットとは

“客員”の教員は、勤務形態では『非常勤・臨時職員』的な立場の教員だと書いてきましたが、なぜそのような非常勤の教員を雇う必要があるのでしょうか。

それには、雇うと大学にいくつかメリットがあるからです。

メリット

  • 現場の知識を教えてもらうことができる
  • 教員のバリエーションを増やすことができる
  • 有名な人を客員として呼ぶことで、大学の名が上がる

 

学生としては、大学に様々な分野の教員がそろっている方が魅力的ですよね。
大学側もその点は理解をしていて、できるだけ多くの専門分野の教員をそろえたいと思っています。

しかし、教員を正規で雇うと莫大なお金がかかるのです。

そこで少しでも経費をかけずに雇うために、また民間で働いている専門家を単発的に雇うために、客員の『教授』『准教授』を雇っています。

客員の『教授』と『准教授』の違いとは

『客員』と呼ばれる教員にも、『教授』『准教授』と呼び名が変わってくる場合があります。
これは、社会的地位を参考として、大学側が任命しているのです。

大学には、

  • 教授
  • 准教授
  • 講師

など教員の中に地位があり、講師が一番低く、また教授が一番地位が高いです。

例えば、料理オタクがいたとします。

非常勤講師として声がかかる場合は、単なる「オタク」で料理に関して専門的な知識を持っている段階
客員准教授として声がかかる場合は、料理の専門的な大会に出場する経験があり、賞の受賞などで有名になっている人。
客員教授として声がかかる場合は、その料理に関してお店を開いたり、会社化し社長になって、ビジネスとして成功している段階。

大学側は、かなりシビアに見極めて声をかけてくると思います。

まとめ

大学の『客員』准教授、教授について書いてみました。
大学の先生だけでは補うことができない授業内容もあるので、非常勤や客員で来ている教員の方々の知識は不可欠ですよね。

良かったら参考にしてください。