ワシントン

ワシントンのメトロ移動は【スマートリップカード(SmarTripカード)】返金できないので入金額注意

ワシントンに旅行に行ってきたmafiです。

僕は今回リサーチのためにワシントンに行っていたので、荷物がとても多い。

縦1メートルサイズのスーツケースを持って、ワシントンの市内をうろうろしてきました。

人の多い東京の街だと、スーツケースを持ってうろうろするなんて考えられませんが、ワシントンの街は全く問題ない。

その時の経験談です。

 

市内の移動はメトロがオススメ

ワシントン市内はメトロ(鉄道)の移動がオススメです。

各メトロの駅にはエスカレーターやエレベーターがあり、アップダウンは重い荷物を持っていてもとても楽。

人は全く込み合っていませんので、平日の通勤ラッシュ時間の移動もメトロで可能です。

 

ワシントン版Suica

ワシントン市内のメトロ移動はスマートリップカード(SmarTripカード)がオススメです。

ワシントン版のSuicaカードで、カードにお金をチャージすることで利用できます。

mafi
mafi
毎回切符を買う必要がないので、ちょー便利です。

▼このカードです。

 

▼買い方は、こちらの方が詳しく書かれています。

今日は、ワシントンD.Cを旅行する際の強い味方「スマートリップカード」の、地下鉄駅の券売機での買い方をご案内します。 「…

 

僕も買うときに参考にさせてもらいました。

初めに入金した金額は18ドル

最初2ドルの発券料がかかるので、18ドルの入金で計20ドル分を購入。

実際に乗ってみて、1回の移動で1.75~2ドル程度引かれた印象です。

料金は、時間帯や乗る区間によって変わるようです。

僕はこのカードを買ってメトロに6回、バスに1回乗って、残金1.3ドルでした。

 

使うときは、入り口・出口でタッチ

日本のSuicaのような派手なタッチ版はありませんが、地味な直径7センチ程度の黒い●いタッチ板があります。

そのタッチ板の数センチ向こうには1センチ×3センチ程度の小さな長方形の窓口があって、3ミリほどの緑の文字で残金が表示されます。

ので、入り口でこまめにチェックしましょう。

 

メトロアプリは「DC Metro and Bus」


ワシントンで使えるメトロアプリを探している人には、このアプリがオススメです。

‎DC Metro and Bus is the region's most popular dedicated DC transit app. Realtime rail and bus predictions and D…

メトロマップもあるので、乗り換えの駅のチェックに役立ちます。

▼詳しくはコチラ

https://mafidoma.com/2018/10/16/metro-and-bus/

 

SmarTripカードの返金方法について


SmarTripカードは、余った残金は返金することができません。

▼SmarTrip公式HPによると、

Q:SmarTripカードの残りの残高または商品の購入に対して払い戻しを受け取ることはできますか?
A:すべてのスマートカードの購入は最終的なものです。保管された価値の回収に問題が生じた場合や商品のお支払いが間違っている場合は、SmarTrip®カスタマーサービス(1-888-762-7874)までお問い合わせください。あなたがボルチモアまたはDCエリアの半径100マイル外に住んでいる場合は、スマートカードの価値の払い戻しを請求する資格があります。SmarTrip®カスタマーサービスにお問い合わせください。

購入したが最後、ということです。

 

カードに入金した後の使用期限はありません。

ただおつりは出てこないので、残金のあるスマートリップカード(SmarTripカード)はチップも兼ねてにホテルに置いて帰国するのも手ですね。

 

▼あと、メトロ内は冷房が効いてとても寒かったです。
メトロやバス内で適した服装についてはコチラ

https://mafidoma.com/2018/10/28/mammut9/