マネジメント

やりたいこと見つけるたった1つの方法【灯台下暗し、今ならまだ消えてない】

仕事でミスをしてしまったとき、人間関係を崩してしまったとき。

人生生きていると何らかのタイミングで自信を無くすことってあるよね。

 
でもしばらく経つと、何か行動を起こさなきゃって思い始める。

環境を変えたり、新しいことにチャレンジしてみたくなったり。

自分が本当にやりたいことって何だろう?そう考え始める。

君だって、今その段階だろ?

 

やりたいことは、スマホのWebサイト履歴にある

僕のページにたどり着いたということは、今の君は「自分のやりたいことを見つける方法」を探している。

「できること」ではないんだ。
「やりたいこと」だよね。

ならば、そのやりたいことは君のスマホの履歴にあるよ。

 

漫画を見ていた?いや、見るのはそこじゃない

さっきまで漫画サイトを見ていたとしよう。
 

漫画を読んでいたから、僕は漫画家になりたいのか・・・

ということが言いたいのではない。

その漫画の、何を見ていたの?

本題はそこ。

 
漫画の、何に惹かれていたの?

恋愛漫画であれば、その主人公は何をしていたの?その主人公のどこに惹かれたの?

他の漫画はどう?

自分が見た漫画の共通点は何?

 
ワンピースが好きだからと言って、単に冒険がしたいのではないよね。

『課題を解決したいんだよね。自分の力で、人の力を借りながら』

 
ならば、自分にとって「何が課題なの?」

誰かが見ていたら課題なの?

どういう解決方法を望んでいるの?

 

課題がない、わけがない

誰しも、一応所属がある。

 
学校や会社、家庭。

例え一人きりでも、一人きりの人はこの日本に数え切れないくらいたくさんいる。

だから、誰しも何かしら所属している。

 
そこに課題があるからこそ、自分のやりたいことを探している。

「今の組織にいてつまらないから」であれば、組織の何がつまらないのか。

いちいち考えなければ、話は進まない。

できる人は、この問いと答えが一瞬で済んでいる人たちだ。

考えなければ進まない人は、考えるしか近道はない。

だから自分に繰り返し問いと回答を求めていると、必ずやりたいことがわかるはず。



 

今すぐ見るんだ!

履歴はすぐに消えてしまう。

今すぐ見るんだ!

 
iPhoneならば、safariのブラウザを開いて、画面下に出る「+」を長押しすると履歴がでる。

スクリーンショットを撮ろう。

ニュースを見ていたのであれば、何のニュースだったか確認しよう。

 
たまたま見たニュースであっても、君が見たくて見たニュースだよね。

なぜ見たくなったの?

見てどういう気持ちだった?

 

まとめ:僕も自分の履歴からこのサイトを始めた

僕も、何か新しいことをしたいなって思い立った日があった。

自分ができることは何かを考えていた時に、常に携帯で情報を探していた。

 
僕が欲しい情報は、なかなかネットの世界になかったんだ。

自分の検索履歴は初めは、同じ価値観を持つ人を探していたけれど、いつしかサイトの作り方、wordpressの作り方、検索キーワードに向かっていった。

履歴は、僕がさ迷い歩いていたこと、ブログをはじめようとしていたことを物語っていた。

 
だから自分でサイトを作ってしまうことにしたんだ。

さぁ履歴を見て。今すぐに。

今ならまだ履歴は消えてない

それが、たった1つの方法。