仕事を辞めたい

【公務員を辞めたい】と思ったらまず最初に考えたいこと。人間関係の改善方法とは?

mafiです。
公務員の仕事環境は一般的に『恵まれている』と言われますが、そのような仕事でも、様々な理由で辞めたくなることってありますよね。

特に人間関係が原因となる場合が多く、上司や同僚、市民との関係などからストレスが溜まり、「公務員、辞めたいな・・・」と考えている人は意外にも多いです。

そこで今回は、

  • 人間関係を持ち直すにはどうしたらいい?
  • 今の仕事から何かしら変わりたい
  • 環境を変えたい

そんな悩みを改善できる記事を用意しました。
良かったら、参考にしてくださいね。

本音は『公務員を辞めたくない』よね?

今は人間関係が辛く、公務員を辞めたいと考えているアナタ。
でも、
『公務員を辞めたくない』
というのが本音ではないでしょうか?

給料も安定している、休みも安定している。
とても恵まれていますよね。

ただこんな恵まれた公務員という仕事でも、多くの人が辞めたくなる課題としては『人間関係』に原因がある場合がとても多いです

【公務員を辞めたい原因】は人間関係が大半

公務員の仕事をしていると、どうしても避けることができないのが『人間関係』です。

人間関係悩みの原因
  • 上司や同僚、内部の人(8割)
  • 事業者(1割)
  • 一般の市民(1割)

中かでも、職場内部の人間関係に悩む人はとても多いです。
上司や同僚は、8時間という勤務時間の間、ずっと一緒に過ごさなければならない人たち。

mafi
mafi
家族よりも、長く一緒にいる人達です。

一度、人間関係が崩れて一緒の空間にいることがしんどくなってしまうと、その人間関係を様々な方法を使って立て直す以外、改善の方法はないと思います。

『崩れた人間関係』は一人では持ち直すことができない

特に注意したいのは、一度崩れた人間関係は、一人で立て直すことは難しいということです。

  • 自分が耐えればいい
  • 自分が悪い
  • みんなは平気なのに、耐えられない自分が弱い

など、自分のことを犠牲にしてしまうと、考えが負のループに陥り、うつ病や適応障害に悪化してしまう傾向があります。

このような状態を改善させる、またうつ病や適応障害に悪化することを防ぐためにも、公務員の場合一番重要なのは、異動して(相手を異動させて)仕事環境を改善することです

1.所属長に相談しよう

必ず話を通す必要があるのが、自分の所属する部署の『所属長』になります。

mafi
mafi
『課長』ですね。

課長は人事異動に関して、人を自分の課から動かす権限を持っています。

参考:公務員が異動するための方法とは?異動しない人の理由と逆効果な取り組みについて

ですが、課長自身も保身意欲がある人が多く、人間関係の悩みの相談をされても、「なんとかうやむやにして話を闇に葬ってしまおう」とするタイプの人もいます。

mafi
mafi
課に問題が起きると、「課長の責任問題=課長の評価が下がる」ですからね

「この課長は話をうやむやにする人だ」
「この課長は、頼りにならない」

そういう雰囲気は、仕事をしていると感じているはずです。

課長に話をうやむやにされないためにも、頼りにならない課長に相談せざる負えない場合、相談にのってもらっている同僚などの、第三者を連れて相談に行くことをオススメします。

またどうしても一人で対応しなければならない時は、相談内容をスマホで録音しておくこともオススメです。

2.異動希望を提出しよう

所属長に相談した後は、異動の希望届を提出しましょう

自分自身が異動し、仕事の環境を改善させる必要があります。

▽異動するための方法はコチラ
参考:公務員が異動するための方法とは?異動しない人の理由と逆効果な取り組みについて

3.労働組合に相談しよう

またこれは最終手段に近いですが、

  • 所属長自身に問題がある
  • 所属長に話をしたくない

そのような場合は、『自治労組合』に相談をすることをオススメします。
内部の問題は、内部で闇に葬られやすいです。

闇に葬られることを防ぎ、きちんと対応をしてもらいたいのであれば、第三者的な立ち位置で、かつ、職員よりの『自治労組合』に相談し、一緒に対応してもらうことをオススメします。

ここまでくると、正直話はとても大きくなります。
職場の人に少し相談するレベルではなく、自分以外の多くの人の手を煩わせ、多くの時間を使用するようになります。

なので、相談者のメンタルが弱っている場合は、相談中にフェードアウト(病休など)せざる負えないことになるので要注意です。

それでも難しい時は転職もあり

異動の発表を待てない時は、転職もありです。

ネットの仕事もオススメです。