【下取り30万up】ディーラーで車を売るときの交渉法【失敗談アリ】

mafiです。

実際に車を買い替えるために下取りに出しました。

下取りに出した車

  • プリウス
  • 12年前のもの
  • 中盤クラス
  • 走行距離155,000km
  • クーラー、ナビ、オーディオあり
  • ドライブレコーダー、バックカメラ、走行支援システムなし
  • 土足禁止でほぼ土上がりなし
  • コーティングは、5年前が最後
  • 事故歴なし
  • 10年前につけたボディ底に縁石で擦った後、一部あり

は、1年1万キロ以上の走行があると、下取り額が大幅に下がると言われています。

さて、この10年も優に超えた車、一体、いくらの値がついたと思いますか?

12年、15万キロの車でも売れる

これから書く交渉方法を使った結果、

  • 某外国ディーラー:90万円
  • 某国産ディーラー:50万円

このような値段の提示を受けました。

初めは自分では10万円くらいと思っていたので、価格を聞いたときは驚いたものです。

【失敗談】交渉前は悲惨な値段提示

実は、「交渉法」を実践する前は、某国産ディーラーに準備も無く乗り込んだ結果、

15万円ですね。割り引くんで、下取りはこれが限界です。

と言われてしまいました。

なんとも悲惨な結果に半分納得と、「いやでも、何か方法が・・・」と調べた結果が以下です。

交渉をすると必ず【下取り額が上がる】

やはり車は高い買い物です。

少しでも資産を増やして、お得に次の車を手に入れたいはず。

なので良かったら参考にしてください。

目次

【下取りup】ディーラーで車を売るときの交渉法

実際に、15万円と言われた車が50万円になった「交渉法」は以下です。

  • その1:オークションで相場を知る
  • その2:下取りサイトで見積もる
  • その3:その1、その2のデータをもとにディーラーと交渉する

では順に解説します。

その1:オークションで相場を知る

まずは下記オークションで、自分の車の相場を知りましょう。

例:10年物のプリウスの相場

すると下記のような結果に。

だいたい、30~50万円が相場だということがわかります。

ということは、車の完売元は「大体半額で仕入れて売る」ことが想像つきますよね。

某国産ディーラーの提示額が15万円だったのも納得ですが、こういう情報がでていることさえ知らなかったので、備えるって大切ですね。

その2:下取りサイトで見積もる

次に、「自分の車が本当に順当な値段で下取りされるのか」を確かめるために、下取りサイトを活用します。

オススメの下取り見積もりサイト

オススメの下取り見積もりサイトは以下です。

あくまで見積もりをして、下取り額の相場を知っておくことが目的です。

下取り見積もりの注意点

面倒な電話や、実際の訪問などは申し込みの際に自分で【不要】にチェックを入れると拒否できますが、1点だけ注意しておくことがあります。

一度、下取り査定をするとデータがその会社に残ります。

オンライン査定は交渉の余地が無いので「1回目が勝負」でサイトも提示をしてきます。

2回目以降は減額、もしくは時の経過で見積額が下がってくる一方なので注意が必要です。

その3:ディーラーと交渉する

あとは、オークション結果と、ネット見積もりの結果をもとに、購入を考えているディーラーと話をすればOKです。

ディーラーとの交渉手順

ディーラーとの具体的な交渉手順は以下です。

STEP
まずは黙って見積もりを受ける

初めは、何も知らないふりをして見積もってもらうのがベストです。

STEP
1回目:安い額を提示してきたら、交渉開始

オークションはこの値段らしいのですが、下取りサイトではこの額でした。なんとか、なりませんか?

と具体的な数字を入れて交渉します。

STEP
2回目:購入決断前に一声

最後は、値引きが入った後、金額が最終の時に一声です。

決めたいのですが、端数をどうにかなりませんか?

STEP
交渉完了

これで交渉完了です。

ディーラー下取り額を少しでも上げるためにしておきたいこと【失敗談アリ】

以下、僕の失敗経験をもとにまとめます。

  • 車内のモノは減らしておく
  • 小傷は消しておく
  • 整備歴を話す

これだけするだけで、下取り額が5万円は変わります。

車内のモノは減らしておく

なぜなら、写真を撮られるからです。

下取り判断はオンライン先の人

「その場の整備士さんが下取りしてくれるのでは?」と思っている人もいるかもですが、今の時代、写真を撮影して送信し、下取り専門部署の人が査定を行います。

なので、

写真写りが良い=キレイに見える

キレイに見えると、車の全体の評価額がグッと上がります。

そして気づくこと

外車のディーラーで気づいたことがあります。

あ、写真撮る順番同じ・・・聞かれる質問も同じ・・・もしや、同じ下取りサイト使ってる?

そうなんですよ、地方の外車ディーラーでは一般の下取りサイトを利用されてます。

小傷は消しておく

特に消しておきたい傷は以下です。

  • ドアの爪の傷
  • トランクの荷物上げ下ろし部分の傷

女性は爪が長めの人が多いので、女性が運転する車では爪の傷は特に多いです。

車のドアの爪傷消しにオススメアイテム

小傷消しには、下記商品がオススメです。

「カー用品で傷が消えたためしがない」という方も多いと思うので、「カー用品で傷が消える」という驚きを味わってみるのも良いかと。

下取り車を売りたくなくなるくらい、美しくなります。

ペルシードのこの商品も2万円のキーパーコーティング以上の仕上がりになるので、やばい↓

ディーラー下取り交渉で思うようにupしない場合もあり

ただ、上記の方法で交渉してもディーラーが思うように値上げしてくれない場合もあります。

  • 認定中古車に出せそうにない
  • 廃車を考えている

このような場合は、査定交渉が通じない場合も多いです。

認定中古車とは?

認定中古車とは、「購入から1年間は、購入者が壊れてもディーラーが保証しますよ」という条件で販売される特定の中古車です。

一般の中古車ショップの車よりも価格が高いのですが、状態が良い車は基本的に「認定中古車行き」になるようです。

まとめ

ディーラーで下取り額をあげてもらう交渉法を書いてみました。

「別で見積するなんて面倒だな」と思うかもですが、この手間が車の下取り価格を上げるのも事実。

1時間のオンライン作業で30万円上がればラッキーどころではないですよね。

もちろん車の状態にも夜と思うので、みなさんのディーラーでこの方法が通用するかはわかりませんが、良かったら参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる