動画を作りたい

【iPhone】外付けマイク使えない⇒使えるに!【変換アダプターだけ】

mafiです。

  • iPhoneを買ったけれども、マイクが反応しない
  • 変換アダプターを使っているけれども動かない
  • 外付けマイクを使いたい

こんな悩みを改善できる記事を用意したので、良かったら参考にしてくださいね。

iPhoneで外付けマイクが反応しないのはなぜか?

iPhoneで外付けマイクが反応しないのは理由があります。

iPhoneとマイクの、つなぐアダプターの規格が違うから

なぜ規格が違うかというと、
iPhoneで、どこのメーカーのマイクやイヤホンでも自由に使うことができると、iPhoneの純正マイクやイヤホンが売れなくなるからです。

だから専用の規格を作っているんだね

iPhoneの規格

iPhoneの規格は2種類あります。

    • Lightningケーブル:iPhone5以降
    • 4極端子:iPhoneのイヤホンジャック

例えばiPhoneSEであれば、Lightningケーブルも4極端子の穴も開いているのですが、
iPhone7であれば、Lightningケーブルのみです。

なので、自分のiPhoneの充電部分を見て変換アダプタ―を購入する必要があります。

マイクをつなぐために端子を選ぼう

iPhoneとマイクをつなぐ流れは、

【iPhone(Lightning端子)】⇒【4極端子】⇒【4極端子のマイクとオーディオを分離し、先を3極に変える端子】⇒【これから使うモノラルマイクをiPhoneのステレオで使える端子】⇒【モノラルマイクマイク(3極)】

です。

  1. 【iPhone(Lightning端子)】⇒【4極端子】
  2. 4極端子】⇒【4極端子のマイクとオーディオを分離し、先を3極に変える端子】
  3. ⇒【これから使うモノラルマイクをiPhoneのステレオで使える端子】

3つの流れにわけて解説します。

まず【iPhone(Lightning端子)】⇒【4極端子】へ

iPhone7であれば、純正のiPhoneを購入した際にケーブルがついているはずです。

イヤホンと一緒に梱包されているはず

もし見つからなければ、これでOKです。

続いて4極端子】⇒【4極端子のマイクとオーディオを分離し、先を3極に変える端子】

iPhoneのイヤホン4極端子は、基本マイクとスピーカーが一緒になっているので、これを分離します。

⇒【これから使うモノラルマイクをiPhoneのステレオで使える端子】

おそらく、これから使おうと考えているマイクが【ピンマイク】であれば、【モノラルマイク】です。

モノラルマイクとは

音声を1つのマイクで録音する方法

iPhoneは【ステレオマイク】で左右別々のマイクで録音しています

なので、この端子も必要です。

モノラル⇒ステレオ用ですね。

オススメのピンマイク

ピンマイクはいろいろと試してみましたが、SONYがオススメです。

Youtubeなどで声をしっかり録音したいのであれば、

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

がオススメです。

声がとてもクリアです。

まとめ

これらのプラグを使えば、iPhoneでも外付けマイクを使うことができます。

【iPhone(Lightning端子)】⇒【4極端子】にマイクをさすだけじゃ使えないなんて・・・

ちなみに、

【iPhone(Lightning端子)】⇒【4極端子】⇒【4極を3極に変換する端子】⇒【3極端子のマイクとオーディオを分離する端子】⇒【これから使うモノラルマイクをiPhoneのステレオで使える端子】⇒【マイク(3極)】

でもOKです。

規格は変わっても、最終着地地点は同じだね

アダプターのデザインも気になると思うので、順番を考えながら規格に合うアダプターを選択してくださいね。

Appendix

もっと詳しく知りたいよという方にオススメの参考図書は、次の通り

iPhoneで動画づくりは誰でも気軽にできますので、安心して挑戦してみてください。